WIKI2017

ラッパ吹き
カタログ1


トランぺッター「モダン・ジャズコレクション」久保田高司より(昭和52年))
A
ナット・アダレー1931~ 「ワーク・ソング」「マーシー・マーシー・マーシー」
キャノンボールの弟。コルネット奏者。有名曲作曲。
B
チェット・ベイカー1929~ 「J・マリガン・カルテット」「チェット・ベイカー・カルテット」 白人、Mデイビスの影響。異彩のヴォーカル。薬中。
ランディ・ブレッカー1945~ 「ブレッカー・ブラザーズ」
マイケルの兄。ジャズとロックのクロスオーバー。白人。
クリフォード・ブラウン1930~56 「クリフォード・ブラウン・メモリアル」「C・ブラウンとM・ローチ」 華麗なテクと豊かなメロディ想像力。組めども尽きぬアドリブ。
ドナルド・バード1932~ 「フェーゴ」「キャリッジ・トレード」「ブラック・バード」
ブラック・ファンク、クロス・オーバーの旗手。
C
ドン・チェリー11936~ 「永遠のリズム」「ミュー1&2」「相対性組曲」
オーネット・コールマンとの共演。革新から自然回帰、民族音楽へ。
テッド・カーソン1935~ 「プレンティ・オブ・ホーン」「ミンガス・プレゼント・ミンガス」
ブラウンから一歩前進したアドリブ。
D
マイルス・デイビス1926~ 「クールの誕生」「ウォーキン」「カインド・オブ・ブルー」 C・パーカーとの共演。ギル・エバンス・オケとの協演。電化へ。
ケニー・ドーハム1924~72 「静かなるケニー」「ウナ・マス」
偉大なるB級。ジャズ・メッセンジャーズの初代tp。リリカルなメロ・イマ
E
ドン・エリス11934~ 「エッセンス」「モンタレーのドン・エリス」「アット・フィルモア」
7-9-19の変拍子、インド・中近東のメロ・ハモニー、電化。
F
ジョン・ファディス1953~ 「C・ミンガス&フレンズ」「OピーターソンとJ・ファディス」 ガレスピーそっくりさんにとどまらない・
アート・ファーマー11928~ 「モダン・アート」「ブラス・シャウト」
メローな音色、中庸で知的なコンセプト。ジャズ・テット。
G
ディジー・ガレスピー1917~ グレイテスト・オブ・Dガレスピー」「グルービン・ハイ」
ビ・パップ創始。華麗なテクと独自のフレイジング。
H
エディ・ヘンダーソン1940~ 「リアリゼイション」「インサイド・アウト」
マイルス的色彩。ハンコックやコナーズと共演。
フレディ・ハバード1938~ 「オープン・セサミ」「「ファースト・フライト」「レッド・クレイ」 ブラック・ファンク~クロスオーバー
L
ブッカー・リトル1938~61 エリック・ドルフィー・アット・ザ5スポット」「アウト・フロント」 クリフォードより一歩前進。
M
チャック・マンジョーネ1940~ 「哀しみのヴェラビア」
白くて小さなガレスピー。透明なクロスオーバー・サウンド
ハワード・マギー1918~ 「ハワード・マギーvol.1&2{40年代のJATP」
B級ガレスビー,ナヴファロのミックス、
リー・モーガン11938~72 「キャンディ」「サイドワインダー」「モーニン」
高度なテクとすぐれたメロディ・センス、若々しい熱と力。
N
ファッツ・ナヴアロ1923~50 「ファビュラス・ファッツ・ナバロ1&2」「メモリアル・アルバム」 豊かなメロ・ライン、温かな音色、スインギーなコンセプト安定したテク。
P
マービン・ピーターソン1948~ 「ハンニバル」「時の歩廊」
エヴァンスのオーケストレイションの中で個性が光り輝いている
R
ショーティ・ロジャーズ1924~ 「スインギング・ミスター・ロジャーズ」「コーツ・ザ・カウント」 マイルスがモデル・ウエスト・コースト派。
S
チャールス・サリバン1944~ 「ジェネシス」
T
クラーク・テリー11920~ 「トゥナイト」「アット・ザ・モンタレー・ジャズフェス
ハッピー・ホーン:明るくスインギー。レックスとガレスピーの結合。
チャールス・トリバー1942~ 「ザ・リンガー」「ミュージック・インク」
ブラウン系。オーガナイザーとしての革新的姿勢。

"WIKI2017" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント