wiki2019

ラッパ吹き2019

① アンブローズ・アキンムシーレ/ア・リフト・イン・デコラム
画像


ビレッジ・ヴァンガードでのライブ盤だ。いわゆる前衛派の類だ。あえてジャズと括ることもないが、マンハッタン音楽大学やセロニアス・モンク・インスティチュートで学んだことで、ジャズの領域で育まれた音楽観に立っていることは間違いなかろう。
では、Wマルサリスが新伝承派と称されるような意味で、ジャズ界でのアキンムシーレの立ち位置はどうであろうか。1982年カリフォルニア生まれ。お父さんは奴隷の輸出地で名高いナイジェリア出身、お母さんはジャズ発祥の地ミシシッピーらしいから、ジャズメンとしては貴種であろう。しかし、アメリカ黒人がアイデンティティを求めて、自らのルーツをアフリカに焦点化した大戦後世代のような強烈な自己表現が感じられない。ブルースやパップのイディオムが抜け、ヒップホップの香がついた透明感の強い即興音楽といった体裁だ。もう、四十歳にもならんとするから、大化けするとも思えないが、今後、どのような作品で自己実現しうるのかな。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック