WIKI2018

ラッパ吹き

画像


⑧浮気はやめた「SJオールスターズ/日本ジャズ体系セレクト」
  1956年SJオールスターズのトランペット・セクションを務めたのは、松本文雄・福原彰・小俣尚也・都丸欣一・森川周三北里典彦である。福原彰は日野皓正が華々しく登場するまではモダン・ジャズ界のエースであった。本CD中でも‘60年選出のMJGのトランぺッターとして「モーニン」や「ウォーキン」を演奏している。
 私の推奨のラッパ吹きは西代宗良。‘58スイング・グループでコルネットを吹いている。実にリラックスした衒いのないフレーズが粋だ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック