WIKI2018

ラッパ吹き

① 溢れ出る涙「レスター・ボウイ・ブラス・ファンタジー/シリアス・ファン」


 画像
画像

「溢れ出る涙」の原作者のローランド・カークは1935年生まれ、幼児期に視力を失いながら、多種の吹奏楽器を単独・複合で演奏。40歳脳梗塞で右辺麻痺の後は、左手だけで演奏し続けた。42歳没。音楽はソールフルなフリージャズ風だが、「循環呼吸」を用いて唸り叫び囀り歌うというもの。カークの自己実現の音楽としかいいようがない。これをカバーしようというのだから、原作を超える迫力や情感を表現しきれるものではない。レスター・ボーイはアート・アンサンブル・オブ・シカゴでの演奏を聴けば、明らかにフリー&アバンギャルド系だが、所詮リードとマウスピースの音色の違いは超えられないようだ。ペット、トロンボーン、チューバを重ねてもカークのバグパイプをホーミーのように吹き続ける存在感を凌駕できない。ブラスファンタジーの怜悧で透明な精緻さでは抑制してもこみあげてくる唸りはなかなか表現しきれない。
 レスター・ボウイは1941年生まれ、1999年没(58歳)。ブラス・ファンタジーは84年に結成。本作は第四作目。ラッパはダーティな音や破裂音、唸り声やハーフ・バルブの駆使などユーモアに満ちているが、尊敬するトランぺッターは、サッチモと。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック