WIKI2017

ラッパ吹き

⑱チェット・ベイカー「グレイ・ディセンバー」


画像
画像
画像
「シング」と「アンサンブル」からのオムニバスだが、「アンサンブル」から別テイクが五曲。
時候としては「グレイ・ディセンバー」だが、「サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー」が矢張り秀逸。ライナー・ノートを書いている山口弘慈が(やさしき伴侶)なぞと意味深な語訳を施している。エンドに流れる「グッド・バイ」は改めていい曲だ。今年はこれで「グッド・バイ!」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック