チンドン紀行2014

②6月21日二見祭り
 
由緒ある二見神社の祭礼に合わせてこども神輿が町筋を練る。チンドンは先導役を承って1時間ほど音楽を流しながらデモる。
 入梅なのだが空梅雨模様。夏至ともなれば、夏日和。高齢ちんどん一座にとっては、熱中症が一番の大敵。倒れて救急車騒ぎでは、年寄りの冷や水と謗られるだけでは済まぬ。とは言え、久方振りの公演とあって座員一同意気軒高。
今回は、座長の提案で「きよしのズンドコ節」を演目に追加。今までの「ドリフ」版とは異なり、三部構成で振り付けもしっかりと。とちらぬようにおさらいし、日盛りの中出発。蒸せる。
 無事、終了。心なしか二見の町に寂れが漂っているように感じられた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック