ちんどん紀行2012

8月28日「真老連」総会 
佐渡が合併以降、各市町村で行われていた敬老会の見直しが進んできている。例えば、元金井町の場合は婦人会が町から補助金を貰って主催、社協は協賛?。現在は、社協主催で婦人会は協賛?(はて、補助金は何処へ?)要は、市の補助金が同一の款項目で支出されていれば、各地でどのような体制で行われていようと主催方に「おまかせ」でよいのではあるが・・・。今回の真野地区のように、敬老の対象である老人たちが自身の長老達を祝うというのも敬老会のバリュエイション?ちなみに「真老連」→真野地区老人クラブ連合会。
 ま、ちんどん屋にとってはどうでもよいようなこと。それよりも"暑い!”連日の猛暑に座員も元気なし。目がかすむ・腰が痛い・食欲不振と嘆きながらも戯言をかわしながら化粧や着付けに取り掛かると生気がよみがえってくるようで、汗がしたたるいい男女が出現。
画像

 演目は、テープを流しながらちんどん行進で入場。口上の後「ズンドコ~アトム」→尺八「リンゴ追分」・歌「佐渡おけさ」→座長アコーデオン「お山の杉の子・海・ふるさと」→バッテリーさん「安来節」→「ありがたや節」→退場「365歩のマーチ」。座長は真野で音楽の教鞭をとったこともあり、被拉致の曽我さんのコーラス指導もした。母みよしさんなどは無事であれば、敬老の席にいたかも。長老の皆さん、熱中症に留意してこの残暑を乗り切ってください。八月の「お悔やみ」欄は連日だそうです。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック